AKB48について

48グループに所属しているメンバーというのは、原則として「正規メンバー」と「研究生」の2つの組織に分類される。

ここでは正規メンバーの攻勢について載せていきます。

 

■正規メンバー
「正規メンバー」は、各グループごとに配置されている以下の「チーム」に所属することとする。
原則としては、チーム名に関しては、各グループの名前のアルファベットの頭文字1文字でチーム名が構成されることになります。

尚、チームの文字が偶然重複する等の場合は、原則として2番目以降の結成した順番にローマ数字を付けることとする。これについては国内・海外問わず、結成された順番が優先されることになります。
例えば、AKB48の「チームK」が最初となり、それに続いて結成の順番から2番目に結成されたSKE48については「チームKII」、そしてJKT48の「チームKIII」、HKT48の「チームKIV」という感じの順となる。

 

AKB48 – チームA、チームK、チームB、チーム4、チーム8
これらのうち、「チーム8」については、全国47の各都道府県から選出された1名ずつ、合計47名のメンバーによって構成される。

また、トヨタ自動車のスポンサードを受けているという事から、各グループの「チーム」と多少、色合いが異なる(結成の背景・詳細はチーム8の記事を参照)。
SKE48 – チームS、チームKII、チームE
NMB48 – チームN、チームM、チームBII
HKT48 – チームH、チームKIV、チームTII
NGT48 – チームNIII
JKT48 – チームJ、チームKIII、チームT
ちなみに、SDN48については、「チーム」という概念が存在しておらず、メンバーが随時チェンジして劇場公演に出演する(後述)。また、STU48・BNK48については、まだ発足して間もないという理由からからチームは現在結成されていない(2017年3月現在)。

 

 

管理者情報

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です