ダウン症の特徴とは?

■ダウン症の特徴について(※個人差があります。)
・長期記憶が良いのだが、時間の経過を把握するのがなかなか苦手
・抽象的で漠然とした話は理解しにくいので説明はとにかく具体的に
・人の気持ちを汲み、思いやりに溢れていて、感受性が強い
・目で覚え、観察力・形態認知・空間認知に優れ、模倣するのが上手
・言葉で表現するよりは行動にあらわすほうが早い
・耳から入る情報を理解するのは比較的弱く、話をじっくり聴くのも苦手
・想像力や空想力が豊かで、適度であればストレス解消にもなる
・独り言もストレス解消に効果が期待できるが、場所を選ぶ必要がある
・手は割と器用、ただ動作の面で幾分遅く、経験不足で手・指の筋が弱体化する
・筋力の低緊張があり筋量は一般より比較的少ない
・薬が効きすぎ、または薬の副作用がでやすい傾向にある

 

 

■ダウン症の人の特徴にもある頑固について
・ダウン症のある人はちょくちょく頑固と言われるような事があります。これは、ダウン症の人特有のコミュニケーション能力(理解した言葉と表現したい言葉のギャップ)、また情動認知能力(急激で一時的な好き嫌いの感情)などの複合的な理由によるものの影響と言われています。
甘やかされて育てられた結果というわけではなく、ストレスコントロールの困難さや、生活経験も含めた環境要因の影響もあると推測されていて、特に特定の人との関係や特定の環境により頑固さが特に顕著に見られる場合などには、環境や人間関係を丁寧に見つめ直す事で支援の手がかりがつかめる事もあります。

 

管理者情報

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です