乃木坂46について

AKB48の姉妹グループ超え!?乃木坂46の魅力と躍進と人気の理由

アイドルグループ・乃木坂46が、シングル「夏のFree&Easy」を7月9日に発売しました。乃木坂46は、2012年2月発売のファーストシングル「ぐるぐるカーテン」の初週売り上げ13.6万枚から、右肩上がりで上昇を続け、「夏のFree&Easy」では初週42.2万枚を売り上げ、7/21付週間シングルランキング初登場首位にランクした。デビュー以来初めてとなる2作連続40万枚セールスを突破した乃木坂46が、躍進を遂げた秘密とその魅力に迫ってみた。

 

 

◆平均的にレベルの高いビジュアルに加え個性豊かなキャラクターで、握手会でのファン対応も抜群

前作「気づいたら片想い」は、AKB48と嵐がTOP5を独占していた『2014年上半期シングルランキング』で、それに次ぐ6位。AKB48の“公式ライバル”という位置づけで結成された乃木坂46が、AKB48姉妹グループであるSKE48(7位)、NMB48(9位)、HKT48(11位)より上位に来る結果となった。

徐々に上昇した売り上げが象徴する通り、乃木坂46は特別ななにか“仕掛け”をしたわけでなく、階段を一段一段地道に登ってきた。まず、全国オーディションで選ばれたメンバーたち。個々のビジュアルのレベルの高さは、現在のアイドルグループの中でも屈指のグループだ。選抜常連組だけでなく、アンダーのメンバーに至るまで。例えるならば、AKB48がクラスで可愛いい子を集めたとしたら、乃木坂46は学年で一番揃いという具合。しかも、握手会でのファン対応が抜群に良いときている。

 

 

アイドルは可愛いからといって売れるものではない。むしろ、磨かれ可愛くなっていく成長する姿を楽しむという風潮がある。

AKB48を始め“会いにいける”グループの場合はなおさら親近感という面がポイントで、美少女ばかり集めても壁を感じさせるという結果になることが珍しくない。だが、乃木坂46のメンバーは握手会で目をキラキラさせて自ら手を差し出し、自分のファンを本当に好きな気持ちがひしひしと伝わってくる。

 

管理者情報

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です