タイの魅力

何かと至る所で「タイはいいぞ」みたいな話をよく聞きます。よく旅行に行く人の話や、旅行ガイドなんかでも頻繁にオススメされている国、タイ王国。

…こういった形の書き出しで旅行の話となると、某高橋歩の本みたいな「旅に出れば世界が変わる!」みたいな語り口で、臭いポエムと共に外国人の笑顔の写真スナップ!みたいな、ひと昔前に流行った旅行ブログみたいですが、安心してください、そんな内容じゃありませんので。

 

 

今回はたまたまタイに一週間ほどステイしてきたので、僕が印象に残ったものを10個程あげて、タイがどんな国なのかを赤裸々に、もうこれ以上ないくらい分かりやすく正確に伝えたいなと思います。

よくいる鬱陶しい海外旅行信者たちは何かと「海外旅行は最高」「世界の見方が変わる」「日本から出た方がいい」等々脳みそのイカれた言葉しか言わないので、僕が見てきたものをちゃんとリアルに伝えてやろうじゃないか、というのが今回の趣旨です。

 

①暑い

まず暑い。とにかく暑い。行った時期の問題なのだろうか、予報だと32度との事だが体感だと本当56度くらいに感じる。

立ってるだけで汗がダラダラ流れてくる。夜も昼よりはマシというだけで実際暑い。まず湿気が酷い。

この暑さ、てっきり現地の人達は慣れているのかと思いきや、そういう訳でもなさそうだ。人間も犬も猫もぐったりとしていた。もし暑いのが苦手なのにタイへ行こうとしてる人が居るなら、一回考え直したほうが良いと思われる。
②交通ルール

基本的に交通ルールというものはない。

車は「死なないように気をつけて運転しましょう」とか、多分そのくらいしかないと思われる。

また横断歩道というものが早々無いため人間も道路は「死なないように気をつけて横断しましょう」くらいの適当な感覚のようだ。

ともかく急速な発展に対して交通ルールや道路の設備が追いついていないのか、車道はいつも車がぐちゃぐちゃで常に渋滞している感じでした。目的地へタクシーやバスで行くなら余裕をもった行動をおすすめします。

 

③Wi-Fi

有料ポケットWi-Fiを契約しない貧乏旅行者にしてみると、無料Wi-Fiスポットは親の命よりも大事なものです。

しかしタイはその発展ぶりに対して思いの外Wi-Fiスポットが整備されていないよう。大体の国ではマクドナルドかスターバックスあたりに行けばある無料Wi-Fiも、何気にタイではあまり使える店舗がなかった。

かと思えば、黄金の寺院の山頂で唐突に無料Wi-Fiが飛んでいたりするからよくわからない。「GOLDEN MOUNTAIN FREE WI-FI」だそう。

そこまでしてここの写真を旅行者にFacebookやInstagramに上げて欲しいのだろうか。もしバンコクでWi-Fiが使いたくなったら黄金の寺院の山頂へどうぞ。

 

管理者情報

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です