アイコスについて

あなたはタバコ、吸っていますか?
私は吸ってません、というか喫煙者の皆さんには大変申し訳ないのですが…タバコのニオイが非常に苦手なんです!あのツーンとした鼻や喉に突き刺さる感じがもうたまらなくダメなんです!
喫煙者の人がそばを通るだけでもわかる程、あのニオイが大キライなんです。

受動喫煙の被害も受けるし、なんとかなんないのかなぁ…
そう思っていた時に、ニオイや煙の出ないタバコがあることをTwitterで初めて知りました。

 

 

なんでもライブハウスなどの火気厳禁な場所で、バンドマンが愛用しているとかなんとか!
ニオイも煙も出ないので、地下にあるライブハウスでも安心して吸えるようなんです。

画期的!!

 

 

これは隣の席のタバコくさ~い喫煙者、ごりっ子に教えてやろう!
そう思って、その画期的なアイテムIQOS(アイコス)の仕組みやメリット・デメリットを色々と調べてみました。喫煙者の方は、周りの人のためにも是非ともチェックしてみて下さいね!

 

 

IQOS(アイコス)」とは一体何か?
世界的タバコメーカーである「フィリップ モリス」が開発した加熱式のタバコ。
IQOS専用のたばこ「マールボロ ヒートスティック」と共に、2015年9月に発売されました。

IQOSは火を一切使わず、バッテリーの力で熱を発生させます。
なのでライターは全く必要ありませんし、灰もでないので灰皿も必要ないのです。

 

 

燃やさないので煙が完全に出ませんが、水蒸気は発生します。まるで煙のように白く出ますが、残ることなくすぐにすっと消えます。水蒸気はまるでスモークをしたかのような、香ばしいニオイがします。
ですがタバコのニオイっぽくないので、不快感を感じるようなことはありません。

 

 

IQOSの使い方
IQOSは充電式のため、前もってにしっかり充電をする必要があります。
約90分の充電で20本吸うことができます。1日に20本以上吸うヘビースモーカーの方は、充電機を携帯して持ち歩く必要がありますね。

・まずアイコスをケースにいれ、充電します(2~3分) ケースのランプが点滅⇒点灯に変わったら充電完了です。
・アイコスを取り出し、専用のタバコ「ヒートスティック」を刺す。
・スイッチを押して加熱を開始(20秒) ケースのランプが点滅⇒点灯に変わったら充電完了です。
・後は普通に加えて吸うだけ。約6分間・14回の喫煙が可能です。

吸い終わった後のヒートスティックは、燃やしていないのでそのままゴミに捨てることが可能です。

 

 

IQOSのメリット
・有害物質が少ない(いわゆるタールが含まれていない)
・煙が出ないので、受動喫煙の被害を抑えられる
・火を使わないので、絶対に火事にならない
・部屋や車に臭いがつかない
・歯にヤニがつかない

やはり臭いや煙が出ない分、部屋や車を汚すこともないです。
歯にヤニが付かないのは、喫煙者にとってはメリットを感じやすいのではないでしょうか?
受動喫煙防止にも繋がるので、小さなお子さんがいて家庭内でも安心。
煙たがられることもほとんどありません。

 

 

IQOSのデメリット
・充電が必須
・チェーンスモーキングができない(連続して吸うことができない)
・ケースとヒートスティックで意外と荷物の中でかさばる
・吸う時間が限られているので、のんびりとは吸えない
・使用回数が限られている

やはり充電式のため、事前に充電をしておかないと一日中吸えなくなってしまいます。
たくさん本数を吸う人は、充電機も一緒に持ち歩かなければなりませんね。
1度吸うと、充電のために6分間使えません。
連続して吸いたい方は、もう1台用意しておく必要があります。

 

 

また、あまり知られていませんがIQOSには充電回数に制限があるそうです。
その回数はなんと500回!充電1回で20本(約1箱)吸えるので、一日1箱吸う人の場合使用できるのは約1年半。
一日2箱吸う人の場合8~9か月ほどで使用できなくなります。
これを踏まえて購入しなければなりませんね。

 

 

まとめ
とはいえ、ニオイも煙も出ない優れた新時代のタバコ「IQOS」
非喫煙者側からしてみれば、タバコを吸う人はみんなIQOSに移行してほしいと思うくらいです。
これなら受動喫煙の心配もないですし、子供にもまず安心。
また、毎日お洗濯をする主婦にとって、部屋中の家具や衣類にニオイがつかないのはなにより嬉しい限り!
これでお気に入りの柔軟剤の香りを、思いっきり楽しめますしいいことづくめ♪

また、今話題のスモークハラスメント(スモハラ)もこれで簡単に防ぐことができます。
タバコの煙で周囲を不快にするスモークハラスメントはアイコスで防げます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です