ビットコインについて

今巷では仮想通貨(暗号通貨)が話題になりつつあります。

ヵ総通貨は別名暗号通貨と言います。

そんな中ひときわ注目を浴びているのが『ビットコイン』です。

もうすでに持っているよという人も多いのではないでしょうか?

そんな今巷で話題となっているビットコインについて書いていきたいと思います。

 

仮想通貨(暗号通貨)って何ビットコインって何?

まずは仮想通貨(暗号通貨)とは一体何なのか?というところですが、そもそも仮想通貨というのは『サトシ ナカモト』という外国人がネット上に論文を出したことから始まります。

世界共通の通貨をネット上で作ったらどうとかこうとか・・という内容だったようですが、そこが仮想通貨がこの世に産声をあげた瞬間です。

仮想通貨というのは暗号化されていて、その暗号を早く解いた人順に沢山ビットコインを配当していくという仕組みを作りました。

こういった仮想通貨(暗号通貨)の暗号を解いて発掘することを『マイニング』と言います。

そしてビットコインは世界で2100万枚しか存在しません。

つまりビットコインという通貨の量に上限があるのです。

今はまだ世には全部は出ていません。

今もこうして世界中のエンジニアや企業がマイニングをして発掘を続けています。

 

 

この仮想通貨というのは分かりやすく言うと『金』などと同じ捉え方ができます。

金は地球上に埋蔵されている量が限られていますよね?

そしてそれを今でも一生懸命掘っている人もいると思います。

そして今発掘されて世に出ている金は、世に流通していて時価で高価な価格で取引されていると思います。

簡単にいうと仕組み的にはそれと同じ状態です。

つまりビットコインなどの仮想通貨(暗号通貨)はマイニングによって発掘され、そこから世の中に広まっていくというわけなんです。

 

 

使い方としてはスマホなどのモバイル端末に、ウォレットというネット上のお財布になるものに購入したビットコインを入れて、ビットコイン決済のできるお店でビットコインで決済する旨を伝え、そのままスマホで決済という何とも便利なものなんです。

なので今までスマホで行っていたお財布携帯と同じような感覚で使うことができます。

そしてこれは世界共通の通貨なので、外国に行っても両替などをしなくてもそのまま使えるのもありがたいところ。

これからの時代はこういった仮想通貨(暗号通貨)で決済するようになるキャッシュレスの時代が来ると言われています。

なのであなたも今のうちにビットコインの購入を検討してみてはいかがでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です