最近よく聞くビットコインって何?

■ビットコインとは一体何か?

ビットコインとは何かというと、ひとことで言えばいわゆる「仮想通貨」別名暗号通貨ともいいます。つまり「仮想」の「通貨」というわけです。

まず、「通貨」という言葉からも、「コイン」という言葉からもお分かりの通り、ビットコインはお金というわけなんです。

円やドルという通貨のように、「お金」であることには何ら変わりはありません。

つまり「お金」なので、円やドルのように通貨の単位というものが存在しています。

ビットコインの単位はなにかというと、BTC(ビーティーシー) と言う形で表記されます。

1円や1ドルのように、1BTC(1ビットコイン)といった感じで、数えることになります。

しかし、「仮想」という言葉から推測する通り、円やドルとは違って、実際に目に見えるような形が存在しているわけではありません。

ネットなどでよく見かける大きく「B」と書いてあるコインが実際に存在するわけではないのです。

ビットコインは、あくまでも「仮想」の「通貨」なのです。

 

 

■一般的な仮想通貨の例

仮想通貨としてイメージしやすいのは、オンラインゲーム内で扱われている通貨です。

円やドル等の実際の通貨で支払って、ゲーム内で使われている専用の通貨を手に入れれば、そのゲーム内で使われている通貨が使える範囲のゲーム内のお店等で、アイテム類を買うことが可能になります

つまりこれもゲーム内でのみ使える、仮想の通貨というわけです。

他にも、特定の Web サイトでのみで使えるという仮想通貨もあります。

利用開始に当たっての登録の際に1,000円で1,000ポイントを購入して、その1,000ポイントで有料サービスを購入するといったしくみを利用している Web サイトも存在したりします。

そのポイントが使える範囲のWeb サイト内でのみ利用可能な仮想の通貨です。

ビットコインもこれに似ています。ビットコインを手に入れることができれば、ビットコインが使えるお店などで物やサービスを買うことがでるというわけです。

 

 

■ビットコインは何が違うのか

先の例で紹介したような仮想通貨と今巷やニュースなどでよく耳にするビットコインとでは、一体何が違うのでしょうか。

実は、これは存在している理由が全く違うのです。

特定のゲームや Web サイト内でのみ使えるとされる仮想通貨は、企業単位で作られていて、利用者を囲い込むことで仮想通貨の運営主体(=ゲームや Web サイトの運営会社)が利益を伸ばしていくことを目標としています。

これに対してのビットコインは、国家という単位で運営されている円やドルと同じで、経済活動を円滑に進めるために作られた物理的に実在しない仮想通貨なのです。

ビットコインは、世界中で日常生活の中で利用可能にすることを目指して作られています。

仮想の通貨なので紙幣や硬貨等の物理的なものは存在しませんが、代わりにパソコンやスマートフォン等の端末をお財布代わりにして、物の売買が可能になるようにつくられています。

まだまだ今は発展途上ではありますが、円やドル以上に利便性が高く、安定し、世界中で様々な利用ができる次世代の新しい概念の通貨をめざして作られたいわゆる仮想通貨なのです。

これからは仮装通貨というものの価値も次第に上昇していく事となると思われています。

もしあなたも興味があるのならば一度ビットコインについて勉強してみる事をおすすめします。

 

 

管理者情報

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です